title

クロミッドの飲み方を簡単に解説

クロミッドの飲み方

【クロミッド】を服用する際は、医師の指導のもとスケジュールにしたがってしっかりと計画的に飲む必要があります。【ピル】と同様に、月経周期に関係するホルモンに効果(作用)するので、自身のサイクル・タイミングにあわせて継続して服用しなくてはいけません。

自分の意思で飲まなかったり、飲み忘れたり、途中で止めてしまうと、【クロミッド】の効果は発揮する事はありません。不妊治療においては、服用して一周期(1回目)では排卵が改善されないということも多々あります。

その場合(効果が得られない場合)は、最大で3周期(3回目)まで継続して服用することがあります。根気よく治療していかなくてはいけませんね。

女性の飲み方

一般的な服用方法は、生理開始の3~5日目から服用(使用)を開始しましょう。飲み始めから5日間、毎日続けて飲むことが必要です。この服用期間は毎クール変わらず、毎回5日間と決まっています。この期間(5日間)より長く服用することはありません。

【クロミッド】を服用したからといって必ず排卵がおこるというわけではなく、これまでの排卵日が早まるということもほとんどないようです。これまでの一般的な周期と同じように、生理の開始から約二週間後ぐらいに【排卵】があります。

【生理不順】の人の場合は、薬の効き具合などによって予定している排卵の時期は前後することがあります。生理が来ない人の場合は、医師による検査を行いその結果によっては【クロミッド】の使用を見送ることもあるようです。

男性の飲み方

【クロミッド】はホルモンに働きかける作用があることから、【良質な精子をつくる】という成果を求めるという事を考えると男性の身体にも効果的ということがわかりました。精子の形成(製造)にはいろいろなホルモンが必要になります。

女性の不妊検査でも測定(検査)するFSHやLHなどは下垂体ホルモンの種類のひとつということで、男性にも大きく作用(関わっている)するものです。

【LH】精巣の中のライディッヒ細胞に働きかけることにより、テストステロンを分泌してくれます。

【FSH】精細管でセルトリ細胞に働きかけることにより、精子の形成を促進してくれます。

男性の服用方法は、2パターンあります。

1・1錠(50mg)を25日間服用して、残りの5日の休薬期間を設ける方法。
2・0.5錠(25mg)を連日(毎日)服用する方法。

上記の2パターンが一般的な服用方法です。継続的に服用し、医療機関にてFSHやLHの数値の変化を観察していきます。

排卵検査薬との併用

より正確な【排卵日】を知る方法の1つとして、排卵検査薬を使用する方法があります。現在は市販の排卵検査薬も販売しているのでとても便利です。薬局などで購入する事ができますし、不妊治療を進めるなかで、医師によって処方してくれることもあるようです。

排卵検査薬は、尿の中に含まれる黄体形成ホルモン(LH)というホルモンの値を検出することにより排卵の予測ができるのです。

卵胞が成熟すると、【エストロゲン】という成分が多く分泌されます。その作用により、黄体形成ホルモン(LH)の値が急激に上昇する【LHサージ】といわれる現象が起こります。一般的には、この【LHサージ】の後に排卵が起こるといわれています。

排卵検査薬は【LHサージ】に反応(検知)するもので、検査で陽性が出た場合には、検査した当日かその翌日が最も妊娠しやすい(排卵日)時期の可能性が高いという結果になります。

クロミッドを飲む際の注意点

【クロミッド】の副作用のひとつに、急激な視力の低下(虚血性視神経症)や、目がかすんでしまうなどの視覚症状が挙げられています。5%未満と発症する可能性としては低いですが、【クロミッド】の服用中はできるだけ自転車の運転や自動車の運転などは控えたほうが無難でしょう。

それと危険をともなう可能性のある機械の操作も避けた方がよさそうです。視覚症状の副作用が出た場合は、【クロミッド】の服用をやめ、医師に相談しながら眼科でも検査を受けるようにしましょう。

【クロミッド】の効果と飲酒は直接的な関係があるわけではないようです。ですが、【クロミッド】は肝臓に少なからず負担をかけるので、アルコールを摂取することで何らかの影響が出る可能性は無いとはいえません。

クロミッドを服用できない方

【クロミッド】は他の排卵誘発剤より身体への負担は少ないとされていますが、この薬の性質上服用が禁止されている人も存在します。【クロミッド】の服用ができない人は、エストロゲンという成分が関連している【悪性腫瘍】がある人や、その疑いがある人は服用が禁止されています。

【子宮体がん】や【乳がん】などがこの症状にあたります。【クロミッド】の成分がエストロゲンに作用するため、腫瘍を悪化させてしまう恐れがあるからです。

それと、【OHSS】や【卵巣腫瘍】以外の【卵巣腫大】がある場合も服用することはできません。【クロミッド】の成分が卵巣を刺激することで、腫瘍などの腫れをさらに悪化させてしまう可能性があるからです。

クロミッドを服用する際に慎重な判断が必要な方

250

【クロミッド】を服用することが厳禁とまではいかなくても、使用するにあたり慎重に様子を見たほうが良い人もいるようです。たとえば、【子宮筋腫】がある人の場合、この【子宮筋腫】が大きくなってしまう可能性があるようです。それに、【子宮内膜症】の人も、悪化してしまう危険性があります。

【乳がん】の既往歴がある人や、【乳がん】の家族(血縁者)がいる人も、使用するかどうかの判断は医師によってわかれます。【乳がん】が再発してしまったり、腫瘍が顕在化したりしてしまう可能性は捨てきれないからです。

他にも、【多嚢胞性卵巣】がある人の使用にも注意が必要で、重い副作用である【OHSS】の確率が上がるためといわれています。

まとめ

【クロミッド】は男女共に使用することができる薬ですが、男性・女性とでは服用方法が異なってきます。【クロミッド】の成分はホルモンに作用します。それにより女性は排卵を促してくれる役割を持ち、男性が服用することで精子の形成に役立ってくれます。

不妊治療するにあたり必要不可欠といって良いほどよく使用される薬ですが、中には服用が禁止されていたり、服用するには気をつけた方が良い人もいます。しっかりと自分は大丈夫なのか確認した上で服用するようにしましょう。