title

クロミッドのジェネリックを簡単に解説

クロミッドのジェネリック

【ジェネリック医薬品】をご存知ですか?最近は病院を受診して医師から診断を受けた後に、薬を受け取るための処方箋を薬剤師が常駐している薬局へ持って行って薬を処方してもらいますよね?その時に「ジェネリックご希望ですか?」と聞かれたことのある人は多いのでは無いでしょうか。

実際【ジェネリック医薬品】を選択してすでに利用している人も多いと思います。では、なぜ【ジェネリック医薬品】の人気があるのでしょう。【ジェネリック医薬品】とは一般的にいう後発薬の事を指します。

先発薬である薬の特許期間が終了すると他の製薬会社でも同等の成分を利用した同じ効果のある薬を製造・販売することが許されています。後発薬は同じ効果を持つが先発薬に比べてとても【安価】で購入できるので人気が出てきています。

【クロミッド】にも【ジェネリック医薬品】がありますのでどのような薬があるのか気になりますね。

クロメン

【クロメン】はKocak Farma社が製造・販売を行っている【クロミッド】のジェネリック医薬品の排卵誘発剤です。薬の形状は白色の丸形の錠剤で、もちろん女性だけでなく男性不妊にも効果がある薬です。【不妊治療】を行っている方や、【無排卵】の方にとてもお薦めです。

【クロメン】の主成分である【クロミフェン】が、ホルモンを活性化して卵巣を刺激してくれます。この【クロミフェン】の成分が排卵を誘発させることで、排卵しやすくして不妊治療に効果あると考えられています。

利用する【通販サイト】にもよりますがだいたい10錠1890円(1錠あたり189円)~販売していて【通販】ならではですが、まとめ買いをするとさらに価格が安くなるようで20錠3400円(1錠あたり170円)。30錠4530円(1錠あたり151円)で購入できるようです。

フェルトミッド

【フェルトミッド】は、シプラ社が開発し販売・製造している【クロミッド】のジェネリック医薬品の排卵誘発剤です。ジェネリック医薬品ですので新薬(先発薬)と同一効果と先発薬より安価で購入できるというメリットがあります。

それに男性が使用する場合は、男性ホルモンを活発化させることにより、精子増量の効果が期待できます。この薬は比較的副作用が少ないとされていますので、薬に抵抗がある方にはとてもオススメしている薬です。

【フェルトミッド】は、排卵誘発剤として不妊治療に使用される医薬品です。【フェルトミッド】の有効成分のクロミフェンは、服用することで脳内の排卵を促す伝達物質に刺激し排卵させるという働きがあります。

コダカラン

【コダカラン】はスマート社が製造・販売している【クロミッド】のジェネリック医薬品の排卵誘発剤です。薬のの形状は白く丸いのが特徴です。【コダカラン】の有効成分クロミフェンが脳内の排卵を促す物質に働きかけ、排卵を促進させてくれる効果が期待できます。

【コダカラン】は日本国内ではまだ未承認薬のため【通販】のみで購入することが可能です。利用する通販サイトにより価格は変動するとは思いますが10錠790円(1錠あたり79円)~とかなり安く購入することが可能のようです。

さらにまとめ買いするとお得になるようで50錠3550円(1錠あたり71円)。100錠6300円(1錠あたり63円)。やはりまとめ買いするのがかなりお得に購入できるようです。

まとめ

【クロミッド】の【ジェネリック医薬品】の種類がいくつかありましたね。先発薬を購入するとなるとそれなりの価格になりますが【不妊治療】とはとても長い戦い(治療)になります。

病院を受診するだけでも診察台やその他の検査代でかなりの金額がかかります。処方される薬が【クロミッド】であるならば【海外通販】を利用して薬の代金ぐらいは安くすませたいですよね。

利用方法・利用理由はさまざまだと思いますが【ジェネリック医薬品】の存在を有効利用することで治療にかかる費用の負担が減ると良いですね。